お問い合わせ
menu

2010.10.14

土地売買の境界越境について

あおいろ不動産 代表

タカギ

あおいろ不動産 代表

自らもサーフィンやアウトドアを趣味にすることから、暮らしを楽しむライフスタイルを実践中。ライフワークでもある自然を感じる物件の紹介を得意分野とする。

土地売買で気をつけなくてはいけないポイントは幾つかありますが、

 

その中でも境界の越境というものがあります。
  

越境とは字のごとく家の境を越えているという事。

 

例えば、隣の屋根だったり、樋、擁壁、植栽、ブロック、フェンスなどなど内容は様々ですが

 

自分が購入しようとしている土地がどの種類の越境なのかは必ず把握しておく必要があります。

 

もちろん越境が無い場合も沢山ありますが、もし越境があるようでしたら売主、買主の双方で

 

隣人の方との覚書や確認書などを不動産会社にて作成してもらうか、越境の内容次第では

 

引渡しまでに解消してもらう交渉をしなくてはいけません。

 

今回仲介した土地でも越境が判明。その現地レポートを公開します。

 

  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
土地売買の境界越境について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録