お問い合わせ
menu

2021.10.21

住宅知識普及協会「住知会」発足

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

カトウ

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

住まいと向き合うことは自分と向き合うこと。既存住宅の価値再生及び中古住宅流通の活性化を目指し、リノベ・リフォームそして、住宅診断業務で活動中

家を持つ。
みなさんは「住まい」に何を求めていますか?
安心、快適、楽しさ、癒し…
教育、仕事、コミュニケーション、資産…

これらは家に住むだけでは手に入りません。
いや、初めはこのうちのいくつかは手に入ります。
しかしそのまま何もしなければ、そして何も知らなければいつか目減りしそして無くなってしまいます。

では何を知り、何をしなければいけないのでしょう。
それこそが「住宅リテラシー」なのです。

日本が他の先進国に大きく遅れをとっているのがこの「住宅リテラシー」の部分です。
これまで日本人の多くは自分の住まいについて、所謂住宅のプロと呼ばれる人たちにその大部分を委ねてきました。

でも実際のところはどうでしょうか。
その家に住み始めたその瞬間から、その全ての責任を担うのは紛れもなく皆さん自身なのです。

もちろんその建物についての品質や精度については供給者に責任があり、媒介する上ではその情報の真偽や契約内容の齟齬については業者に責任があります。
しかしそのプロに任せたのは自分であり、そこにどれだけの関心や勉強を重ねたでしょう。

自分の家を住みこなすためには、正しい知識と正確な情報が必要です。
そのために私たちは「住宅知識普及協会」を立ち上げました。
これから日本人の住宅リテラシーを向上させるために様々な活動を行っていきますので是非注目して下さい。

住宅知識普及協会【住知会】HPはこちら

記事一覧に戻る このテーマの一覧へ
  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
住宅知識普及協会「住知会」発足

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録