お問い合わせ
menu

2022.02.12

中古住宅ローン控除の条件が変わります

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

カトウ

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

住まいと向き合うことは自分と向き合うこと。既存住宅の価値再生及び中古住宅流通の活性化を目指し、リノベ・リフォームそして、住宅診断業務で活動中

中古住宅を購入する上で、住宅ローン控除が使えるか否かは大きな影響があります。

これまでは
耐火住宅 25年
非耐火住宅 20年 ←木造住宅はこれに当たります
という築年数条件がありました。

よって多くの木造中古住宅を購入する時、そのままでは住宅ローン控除が使えないため
・耐震基準に適合している事を証する建築士の証明書
・または既存住宅かし保険の付保
を利用する必要があります。

しかし2022年よりこの築年数要件が変わり、昭和57年以降に建築された住宅は基本的に住宅ローン控除が利用できるようになりました。
ただし、だからといってそもそもの住宅の品質が変わる訳ではありません。
制度は上手く利用しながら、これまで以上により冷静にその建物のコンディションに注意を払う必要がありますね。

 

記事一覧に戻る このテーマの一覧へ
  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
中古住宅ローン控除の条件が変わります

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 TAG

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録