お問い合わせ
menu

2020.09.09

ハザードマップ

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

カトウ

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

住まいと向き合うことは自分と向き合うこと。既存住宅の価値再生及び中古住宅流通の活性化を目指し、リノベ・リフォームそして、住宅診断業務で活動中

9月に入り大型の台風やゲリラ的な大雨の影響もあり「ハザードマップ」についての問い合わせや相談が増えてきましたので、この「ハザードマップ」についてお話します。

最近はこのハザードマップも認知度が上がり現在住んでいるエリアやこれから住もうと考えている場所がどんな地域なのかを確認する方も多いです。

実際のハザードマップはこちら。(名古屋市名東区)
(名古屋市HPより)

これらは各自治体のHPから見ることができますし、国土地理院のポータルサイトを利用するのが便利です。

ハザードマップポータルサイト

ただしこの中でシミュレーションしているのは過去にあった豪雨(名古屋市の場合は平成12年の東海豪雨)での浸水被害を想定していますので、最近の雨量から考えると色付けされていないエリアでも十分注意が必要です。

ちなみに平成12年の東海豪雨での観測雨量は1時間当たり最大97㎜、24時間最大雨量が534.5㎜。
1時間当たりの雨量が100㎜を超えるケースはこれからも想定されます。

(気象庁HPより)

大切なのはまずそのリスクを知ること。
そしてそのために十分準備することができれば全てをネガティブに捉えなくても良いケースもあります。

この機会に今一度ご自身の住まいの地域を確認してみてくださいね。

  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
ハザードマップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 TAG

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録