お問い合わせ
menu

2020.02.10

床下の話し

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

カトウ

あおいろリフォーム・なごや住宅診断所 代表

住まいと向き合うことは自分と向き合うこと。既存住宅の価値再生及び中古住宅流通の活性化を目指し、リノベ・リフォームそして、住宅診断業務で活動中

ホームインスペクションで床下の調査をする時ははじめの画像のようなこんな恰好で調査します。
使い切りの防汚服も去年からタイベックのもう少し丈夫なタイプに変えました。

※ホームインスペクションにはⅡ型がおすすめ!

既存住宅住宅状況調査やかし保険の調査では床下は点検口から覗ける範囲のみが対象です。

これで確認出来る範囲はかなり限定的。

少しでも建物のリスクを減らすよう出来る限り隅々まで調査するために我々は床下に潜るんですが、時々あるのがこんな床下の状態。


この状態では奥まで侵入できません。

これは声を大にして言いたい。
「我が物で配管する設備屋さん、床下も大切な空間なんですよ!」
建物の維持管理の重要性をもっと知ってもらわないといけませんね。

  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
床下の話し

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 TAG

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録