お問い合わせ
menu

2019.08.10

守山区翠松園で空を眺める新規物件

あおいろ不動産 代表

タカギ

あおいろ不動産 代表

自らもサーフィンやアウトドアを趣味にすることから、暮らしを楽しむライフスタイルを実践中。ライフワークでもある自然を感じる物件の紹介を得意分野とする。

あおいろエリアでもある名古屋市守山区翠松園エリア。

敷地面積約84.86坪の土地が出ましたので公開します。

まずは価格は、すばり1280万円。安っ。。。と感じる方が圧倒的に多いとは思いますが、なぜ安いのかを説明しますね。


接道が南側約8mの公道に面していて、間口も約14m。現在、測量士さんに仮測量図を依頼しているので、あくまでもおおよその長さ。


ただし、現在のままですと建物が付いていて車は1台のみ。写真の4WDやワンボックスだと難しいと思います。セダンやミニバンなら1台は可能で、2台や3台が必要なら別途解体費用が掛かる。


東側の隣地月極付近からの物件。平屋の古家が建っているので、これも利用しないのであれば、別途解体費が掛かる。


1台分の駐車場を抜けて奥に進むと、北側に向かって傾斜していて、
敷地内高低差はかなりあると思われる。


あくまでも目視のみで、経験値からだと敷地の一番高い所から低い所までの高低差は6m前後はあると思う。


この北側の下にも平屋の古屋が離れ的に建っている。ちなみにこの建物は未登記になっているので、利用する場合や融資を受ける場合は別途登記費用が必要になる。


北側の途中から南側を見上げた風景。この土留め(擁壁)もかなり古いので、将来的な地震や豪雨などによって土砂崩れなどを防ぐ為に、解体して新しい擁壁を作る必要がある。もちろん解体と新設工事費用が別途掛かる。


西側の隣地を見て頂ければ、この高低差が理解できると思う。隣地は擁壁と基礎を一体にしている構造。


一見、1000万円台前半でお値打ち、、、と感じたのは理解出来ますが、建物や駐車場の解体と新設工事、擁壁の解体と新設工事、新築プランによっても高基礎にして擁壁を兼ねるプランでいくのか、それとも、造成して擁壁を新設してから建物を建てるのかなど。。。

そのような別途工事費用でかなりの予算はいくと思います。


また、この物件のウリはロケーションですが、北側のロケーションを眺める設計プランにしなくては景色は全く眺めれません。

でも、解体や造成、設計プランや外構計画など、しっかりと理解した上で予算と理想に収まってくるなら、素晴らしいロケーションの暮らしが待っているのかもしれません。

通常の流れは、土地仲介は〇〇不動産、地盤調査は〇〇調査会社、解体は〇〇業者、造成は〇〇、擁壁は・・・設計は・・・と自分達で何社も探し回ってその都度各担当者と打ち合わせしたりと、時間と労力、そして各担当者との連携などを建築や不動産の素人のお客様自身がやることになる。膨大な時間と労力がかかるのかは、考えただけでも計り知れません。

弊社は設計事務所、建設業登録、宅地建物取引業の全て免許を取得していて、地盤調査、土地売買、解体から造成計画、擁壁工事や建物設計や施工、外構、住宅ローンや登記までを全て一人の担当(私になります)が窓口になってワンストップでサポートしていきますので、お客様は安心して家づくりに集中してプランや仕様打ち合わせに専念できます。

まずは一度、物件の詳細をお聞きになりたい方は、あおいろ不動産担当高木までお問い合わせ下さい。また、同じ守山区翠松園にある弊社サテライトハウスも北側傾斜地に建っていますので、ご参考にしたい方は是非ご案内致します。

(弊社サテライトハウス外観)

(弊社サテライトハウス内観)


この家のあおいろ流アイテム

薪ストーブ ガーデンテラス 菜園 薪ラック スケルトン階段 無垢フローリング 塗り壁 ハンモック エクステリア石張り
  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
守山区翠松園で空を眺める新規物件

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 TAG

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録