お問い合わせ
menu

2012.12.04

凄い干し柿を食す

あおいろ不動産 代表

タカギ

あおいろ不動産 代表

自らもサーフィンやアウトドアを趣味にすることから、暮らしを楽しむライフスタイルを実践中。ライフワークでもある自然を感じる物件の紹介を得意分野とする。

いつもボードで行く岐阜県郡上市白鳥から延年蜂屋柿という干し柿を
事務所に送ってくれた。
最近自宅でも干し柿を作っている僕としては興味津々で食してみた。

そもそも岐阜県美濃加茂市蜂屋町地で1000年以上もの昔から受け継がれてきた極上品が「堂上蜂屋柿」が有名ですよね。

蜂屋柿とはそんな自然と歴史が育んだ特産品を岐阜県白鳥町でも作って延年蜂屋柿という名前で売り出しているらしい。

岐阜県美濃加茂市の堂上蜂屋柿や富山県のあんぽ柿生産者の方に指導を受け、郡上で試作作りを始め苦労を重ね、大きな形でぽってりとした今の商品が完成した。
 

工程はざっと収穫から追熟させ、皮をむき、すぐ薫製にし陰干し、20日ほど天日干し、てもみ、わら箒ではき、粉を促す...そしてこれから三週間ほどで熟して食べ頃に。

これを聞いただけでも通常の10倍は美味しく感じる。

 

1個500円はするとの事で僕達スタッフは真剣にゆっくりと頂いた(笑)

 あまりにも美味しかったので追加でお歳暮用に送ってもらうことにしたくらいです。

白鳥の皆様、ご馳走様でした。

延年蜂屋柿のコピー.jpg 

 

  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
凄い干し柿を食す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録