お問い合わせ
menu

2010.07.27

イメージできる森の生活

あおいろ不動産 代表

タカギ

あおいろ不動産 代表

自らもサーフィンやアウトドアを趣味にすることから、暮らしを楽しむライフスタイルを実践中。ライフワークでもある自然を感じる物件の紹介を得意分野とする。

あおいろ不動産サイトで一番お問い合わせが多くなってきているのが守山区翠松園三丁目

の売地(森をカンジル暮らし134坪)この土地は現在、木々が生い茂っているので現地へ

行ってもイメージがしづらい。

 

134坪で2418万円。名古屋市内にも関らず坪単価約18万円とお値打ちな価格帯なん

ですが、擁壁工事や造成費用の不安も軽視できない。

 

実は現在売り出ししている土地の奥も以前売り出しして、購入者が直ぐに決まり

ようやく造成工事が始まったんです。

 

つまり隣地が整地すると今回の売地のイメージもしやすくなる。

 

昨日現地に行くと、あっという間に木々が無くなっていた。木を切って最後は根っこを

抜く専門者の方々が作業していたので色々と話しを聞いてみた。

 

この隣地の方も初めは木を沢山残してほしかったらしい。しかし殆んどの樹木が

 

カシノナガキクイムシ(通称カシナガ)にやられていたようで枯死しているようだ。

 

 

 

全国的にも緑の森や里山が枯れてしまうナラ枯れの原因はこの害虫である

 

カシナガが原因らしく、樹木を急速に衰えさせて緑溢れる森などの自然崩壊が深刻化

 

している。

 

DSCF3707.jpg

 

赤く染まった樹木は紅葉ではなくナラ枯れ。

 

そういえば、この翠松園の周辺を見渡しても赤く染まった樹木をちょくちょく見かける。

 

 

 

今回の隣地の方も木々を数本残しての計画になってしまったようですが、四方を緑に

 

囲まれている住まいにはとても満足しているようです。

 

DSCF3718.jpg

 

 

現地にいた庭師の方に聞くと、擁壁などはやらずに平屋で傾斜を上手く利用した

 

設計にしたとのことで、造成費用も低く抑えることができたとのこと。

 

 

 

切った木々も薪ストーブ用に現地にカットして置くことで樹木の処分代を無くしたり

 

智恵を絞れば色々コストを抑えれますよとアドバイスをもらった。

 

 

 

DSCF3708.jpg  

これからこの木を抜いていくらしい。

 

今回売出ししている土地の隣地の方もやはり自然好きなのがよくわかった。

 

緩い傾斜地のある森に囲まれた土地134.37坪。

 

希少性が高い土地だと思います。

 

詳しい地形図や詳細は物件紹介の「森をカンジル134坪」をご覧下さい

また、現地までの案内図は物件担当高木までお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
イメージできる森の生活

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録