お問い合わせ
menu

2010.05.18

自分がほしくなるようなものを売る

あおいろ不動産 代表

タカギ

あおいろ不動産 代表

自らもサーフィンやアウトドアを趣味にすることから、暮らしを楽しむライフスタイルを実践中。ライフワークでもある自然を感じる物件の紹介を得意分野とする。

天白区「向ヶ丘の家」。天白区の分譲住宅としては焼山、梅が丘に続く第3弾。

 

といってもまだ現地は更地。最近まで大きな家が建っていてようやく解体が終わった。

 

そしてこの状態にも関らず1区画は商談中となってしまった。

 

あと1区画は自由設計プランでいこうか建売でいこうか思案中だ。

 

(向が丘の家現地)

 

いままでもそうだけど、ここの土地を購入するまでにもそれはかなりの数の物件を見てきた。

 

 

とにかく沢山の不動産会社に電話をして気になる売地資料を貰ったり、

 

 

 

インターネットで掲載してある土地情報を不動産屋から紹介してもらったりと

 

 

 

売地情報は毎月100件は軽く超えていたと思う。

 

 

 

 

 

DSCF4033.JPG  

 

その土地情報の中から「ん・・・これは」と思うような土地資料を握り締めて現地まで足を運ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん毎回土地を観にいくまでは「もしかして凄い土地かも・・・」とか色々な妄想をしながら

 

 

 

車を走らせ、現地に着くとその妄想が妄想だったのが殆ど。

 

 

僕が主宰している「あおいろ不動産」でも多くの方の土地探しをお手伝いさせてもらってるけど

 

皆さんやはり同じ体験を何度もしている。土地探しは本当に苦労の連続なんです。

 

 

 

しかし、現地に辿り着いて「この土地は分譲用地としては絶対にいい!」と強く思ったら

 

直ぐに不動産屋さんに押さえてもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな膨大な情報から選ばれた土地は必ず売れるんです。しかも直ぐに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分譲住宅を供給している企業として土地の仕入れは本当に大切なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の土地に最高の家を創る。そうすると無理なく売れるんですよ。究極に言ってしまうと

 

 

素晴らしい職人(最高の技術者)さんによる最高のスペック(仕様)で

 

 

 

最高の土地(立地条件が整った) としっかりした第三者機関の保証があれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日入ってきた業界未経験の新入社員さんでも売れるんです。

 

なぜならお客様はこの人だから 家を買うのではなく間違いなく「その家だから」買うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから僕達は一般的な企業での営業力はないかもしれません(笑)

 

 

でもこのようにブログやサイトなどで想いを綴ることは出来る。

 

 

今のお客様は本物を見極める力を持っていると思う。

 

 

いやそのような見極める力を 後押しするようなツールが揃っているといっていいだろう。

 

 

インターネットで何でも検索できる時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検索さえすればいい情報から悪い情報まで膨大な情報を入手できる。

 

 

ちょっと長くなってきたのでこの続きは次回第2弾で

  • SHARE
  • Pocket
  • LINEで送る
自分がほしくなるようなものを売る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

WEEKLY RANKING

無料個別相談会 会員登録 取扱物件クイックCHECK
無料個別相談会 会員登録